中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
中国銀行横浜支店が移転 10日にオープニングセレモニー
  ·   2017-10-11
タグ: 中国銀行;一帯一路;経済
印刷

在日本中国大使館の宋耀明経済商務公使

中国銀行東京支店の管轄下にある横浜支店が今月10日に移転したことにともない、同日にオープニングセレモニーが行われた。セレモニーには在日本中国大使館の宋耀明経済商務公使、在日中国企業協会の王家馴会長、中国国際貿易促進委員会駐日本代表処の鞠文永代表、中国銀行東京支店の戴瑩支店長、横浜支店の楊紅支店長などが出席した。このほか在日中国企業や在日中国人の経営する企業代表、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行など日本の大手銀行の代表も祝意を表すため、多数出席した。人民網が伝えた。

宋公使はあいさつの中で、「中国銀行は100年の歴史をもつ大手商業銀行だ。現在の中国銀行は世界4位の銀行グループに成長し、支店機関は大陸部と海外の51の国と地域に広がり、中国で国際化レベルと多様化レベルが最も高い銀行だ。東京支店は日本に根を下ろして31年になり、長期にわたり中日間の経済貿易のやり取りの上で金融サービスを提供してきた。今回、横浜支店が金融センターとして栄えている同エリアに移転したことで、現地の中国人や中国資本企業および日本企業により質の高いサービスや支援を提供し、中日間の経済貿易協力により大きく寄与していくことを確信している」と述べた。

戴支店長はあいさつの中でまず中国銀行の日本における発展の道のりを紹介し、「横浜支店は1994年に設立され、中国銀行の日本における主要支店機関の1つ。横浜は日本最大の国際貿易港であり、関東エリアで2番目の大都市。また横浜支店の移転先は横浜市の金融センターエリアであり、以前の場所に比べて、交通はより便利になり、環境はより広々と快適なものになった。横浜支店は常に法律に基づきルールを踏まえ、顧客を第一とする方針を遵守し、引き続き中日両国の金融往来の架け橋となり、横浜および周辺地域の多くの顧客に質の高い便利な金融サービスを提供していく」と述べた。

12次のページへ
中国銀行横浜支店が移転 10日にオープニングセレモニー--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: