中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
モバイル決済やシェア自転車が日本でなかなか広まらない理由は?
  ·   2017-09-08
タグ: モバイル決済;日本;経済
印刷

中国で約5年生活し、私は中国の発展、変化は急速で、日本の上を行っている分野もあると感じている。例えば、スマホの普及により、生活が非常に便利になり、買い物をする時に第三者決済・支付宝(アリペイ)や微信支付(WeChatペイメント)を利用するというのはいたって普通のことになっている。ここ1年、摩拜(モバイク)やofoなどのシェア自転車も一気に普及した。この2つは、中国が日本より進んでいる分野で、日本は中国から学ぶことができる。(文・藤本隆。東京出身。2000年に早稲田大学政治経済学部を卒業。メディア評論家、複数の日本メディアの特約ライター。)国是直通車が報じた。

日本人が現金が好きな理由は? 

北京で生活している人々は、スーパーやコンビニに行く時、ほとんど現金を使わず、スマホを使って支付宝や微信支付のQRコードをスキャンして決済をしている。

以前、私は現金ばかり使っていた。しかし、ある時、コンビニで買い物をする時に、微信支付を使ってみると、とても便利だと感じ、それからは微信支付を使って決済をしている。今は、デリバリーを利用する時も、列車のチケットを買う時も、微信支付を使っている。

このようなシーンは、日本ではほとんど見かけない。日本人は今でも現金を好み、クレジットカードもあまり使わない。クレジットカードを持っていない人さえいるほどだ。

これはどうしてなのだろう? 

その理由は、日本人は個人情報の漏洩に非常に敏感なためで、銀行カードの口座番号などを他人に教えることすら嫌がる。また、電子マネーが発展するにつれ、自分の経済状況を考えずに、好きなものを好きなだけ買ってしまい、破産してしまうというケースも多発している。

123次のページへ
モバイル決済やシェア自転車が日本でなかなか広まらない理由は?--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: