中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
北京市にある世界初の「AI公園」を散策
  ·   2019-01-03
タグ: AI;顔認証;文化
印刷

北京市海淀区在住の女性の李さんは最近、同僚と公園を散歩することが趣味になっている。この健康に良いレジャー様式は本来、楽しさを求める若者の好みではなかった。「私たちは普通の公園ではなく、おしゃれなAI公園を散歩している。顔認証でランニングし、自動運転車が迎えに来てくれ、それからおしゃべりをしてくれる休憩所もある」。経済日報が伝えた。

北京市海淀区は先ほど大手企業百度と事業提携し、この公園を世界初のAI公園に改築した。ここはすでに若者と高齢者から好評を博する人気スポットになっている。

◆顔認証で運動を記録 

海淀公園の東門をくぐると、李さんはまずコースのスタートラインに行き、そこで足を動かす前に顔を上げ微笑んだ。

「ここにはカメラがあり、ここには撮影エリアの注意書きがある」。李さんは頭上を指差し、それから足元を指差した。「ここで顔認証をすると、システムは私が来たと判断し、運動データの記録を開始する。記録が始まったので、走りに行くよ」と言うと、彼女は大股でランニングを始めた。

ここで運動をする人は多く、若者も高齢者もいる。みな慣れた様子でカメラに向かって顔認証し、走り出す。東門の左手には電子ディスプレイが設置されており、1周の最速記録、累計運動時間、累計運動距離のランキングなどのデータが表示される。

百度のイノベーションマネージャーの丁子洋氏は、「スマート歩道は百度の顔認証技術を搭載している。人々の顔が運動データを記録するキーになる。これは顔認証技術の運動シーンにおける応用の模索だ」と説明した。百度の顔認証の精度は99.77%に達している。またこのほど1万分の1の違いでダンスをしている双子の姉妹を見分けることに成功した。現在はランニング中の愛好者を見分けることなどまったく問題がない。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: