中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
CR929ワイドボディ機、2025年頃に初飛行を予定
  ·   2018-05-08
タグ: CR929;中露;文化
印刷

  中国3大旅客機総師の唐長紅氏、AG600チーフデザイナーの黄領才氏、中国商用飛機有限責任公司(中国商飛)予備検査総師の楊志剛氏が西安市閻良区に集まり、「中国中・大型軍民用飛行機発展サミット」で基調演説を行った。科技日報が伝えた。

楊氏は、「C919は閻良区でテスト飛行中で、2021年頃に飛行許可を取得し、顧客に引き渡される見通しだ。その指標は現在のエアバスA320やボーイング737に相当し、空気抵抗は両機を下回る」と説明した。

楊氏は、「C919と、その前のARJ21リージョナルジェット、すでに始まっているCR929ワイドボディ機のプロジェクトの実践により、中国商飛は一連の体制をすでに構築しており、同時にチームを育成している」と述べた。

中国商飛の関連資料によると、CR929は中露共同開発のワイドボディ機プロジェクトで、技術指標は現在のボーイング787を見据えている。

楊氏は、「CR929は現在、まだ早期開発段階にある。しかし、整った開発体制とチームがあるため、CR929は市場をより正確に把握し、技術方針もより明瞭になる。未来の先進的な複合材技術、スマート化技術などもCR929で応用される」と話した。

楊氏によると、CR929プロジェクトは計画通りに実行中で、2025年頃に初飛行を予定している。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年5月8日

シェア:
CR929ワイドボディ機、2025年頃に初飛行を予定--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: