中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
アリババ会長が早稲田大学で起業について講演
  ·   2018-04-26
タグ: アリババ;早稲田;文化
印刷

 

 アリババ・グループの馬雲会長が早稲田大学で25日、起業をテーマに教職員や学生たちと語り合った。馬氏は、ビジョンを打ち立てることでチームワークを発揮し、弛まぬ努力により成功を手にするよう、若き起業者たちを励ました。新華社が伝えた。

馬氏は、「起業者にはIQ、EQ、それからLQ(恋愛偏差値)、すなわち人から好かれ尊敬される能力が必要だ。しかし特に重要なのは、他人にはないビジョンをもち、それを信じて疑わないことだ」と述べた。

早稲田大学で博士課程に在学する今林広樹氏は、あるAI企業の起業者だ。今林氏からチームの信頼を勝ち取るにはどうすればよいかと聞かれると、馬会長は、「同じ目標と使命を持つことが最も重要だと信じさせることだ」と答えた。

馬氏は起業者が困難に直面した場合は諦めず、続けるように励ます一方で、盲目的な起業は勧めないとし、「アイデアがあれば起業できると思うべきではない。まずはアイデアのある起業チームに加わり、経験を積むことだ」と述べた。

この日は抽選で選ばれた約1200人の教職員・学生及び民間人が、対話会を傍聴した。馬氏は聴衆からの、学生の就職や企業経営、チップの発展、健康産業などの幅広い質問に回答した。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年4月26日

シェア:
アリババ会長が早稲田大学で起業について講演--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: