中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国初の教育資源共有衛星、「少年星1号」が打ち上げ
  ·   2018-02-05
タグ: 教育資源;衛星;文化
印刷

中国初の教育資源共有衛星「少年星1号」が2日、酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。教育資源共有の理念に基づき、同衛星は全国の小中学校向けに開放される。人民網が伝えた。

「少年星」は中国宋慶齢基金会と中国科学技術協会、中国教育学会が共同発起する「中国少年小型衛星計画」の一部だ。活動は2016年に始まり、小中学生10万人以上が衛星機能のアイデアと設計に参加してきた。

初の教育資源共有衛星である「少年星1号」は軌道上での試験を終えた後、全国の小中学生に本物の衛星をコントロールする体験を提供する計画。衛星サブコントロールステーションを持つ全ての小中学校と教育機関は、同衛星のデータを使い宇宙科学普及教育を展開していく。

記者の調べによると、「少年星」のメインコントロールステーションは、中国宋慶齢青少年科技文化交流センターにある。海南文昌中学と東莞科技館、鄭州四中、安徽太和三中がサブステーションの建設を終えている。また多くの学校がサブステーションを建設中だ。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年2月5日

 
 
中国初の教育資源共有衛星、「少年星1号」が打ち上げ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: