中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
「インターネット+駐車」で北京市がスマート駐車新時代へ
  ·   2017-11-21
タグ: インターネット;駐車場;文化
印刷

この先5年間は北京市にとって国際的にも一流レベルの住みやすい都市に発展するための重要な時期となる。そのため、都市の管理システムを構築し、いわゆる「大都市病」を解決することが急務となっている。先ごろ構築された市レベルの静態交通投資運営プラットフォームは、北京市が市場の力を利用し、高い効率と透明度を備えた新たな「インターネット+駐車」スマート駐車サービスと管理体制を構築し、駐車スペースの少なさと無断駐車といった問題を解決し、都市管理レベルを向上させ、首都の発展をさらに促進させようとしている。 

▽注目を集める無断駐車問題 

駐車スペースの少なさや、無断駐車問題は、大きな社会問題となっている。北京市の自動車数の増加につれ、駐車スペースがそれに対応しきれなくなり、北京市の発展における欠点となっている。

全体的には駐車の需要と駐車スペースの供給は均衡を保っているが、駐車場のエリア分布の不均衡や、駐車場タイプの差などがあり、北京市の居住区の駐車スペースの需要と供給の間には129万ヶ所もの駐車場不足があると言われている。

不完全な統計データながら、現在北京市で駐車場を経営している企業は約4500社、規模の大きい5社が経営している駐車場の総数は全体のわずか11%のみとなっている。駐車場経営の企業が多い割には、それぞれの規模が小さく、また各地に分散しており、サービスの質の格差も大きいのが現状だ。さらに、公共の駐車場は、一部の個人が利益を獲得する手段にもなっている。その結果、無断駐車は深刻な社会問題になっており、社会資源を浪費するだけでなく、駐車サービスの効率にも悪影響を及ぼし、社会秩序を乱している。これは、一部の公共駐車資源が効果的に管理されていない現実を明らかにしている。

▽スマート駐車ネットワークをどう構築するか 

駐車の問題をどう解決するべきか?北京市は長年の経験を通じて模索した結果、解決策として駐車資源の増加と駐車情報のコネクティビティに問題解決の道を見出している。

伝統的な駐車パターンに比べ、「インターネット+駐車」は市内の静態交通駐車資源を活性化させ、駐車問題を解決する有効な方法であることが明らかになっている。

12次のページへ
「インターネット+駐車」で北京市がスマート駐車新時代へ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: