中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
世界をリードし、宇宙太陽光発電所の建設に向かう中国
  ·   2017-11-03
タグ: 太陽光発電;宇宙;文化
印刷

中国航天科技集団公司第五研究院科学技術委員会主任の李明研究員は1日、科技日報の記者に対して「関連部門の支援を受け、中国は10年以上に渡り宇宙太陽光発電所の研究を行い、世界先進国との差を大幅に縮め、世界の先頭集団に立った。研究開発のペースを維持し、さらに拡大することができれば、中国は世界で初めて実用的な価値を持つ宇宙太陽光発電所を建設する国になる可能性がある」と述べた。科技日報が伝えた。

同研究院の王立研究員も「国内の専門家がこのような自信を持つだけでなく、世界でも中国には同分野において先頭となる条件があるという見方が一般的だ」と話した。

日増しに枯渇し、環境汚染問題が深刻な化石エネルギーに比べ、宇宙太陽光は高効率・恒久的・クリーンなエネルギーだ。宇宙で稼働する宇宙太陽光発電所は、太陽光エネルギーの大規模収集と電力への転換が可能で、これをワイヤレスで地上の送電網に安定的に送る。発電効率は1-5GWに達し、地上の原発の水準に相当する。地上の太陽光発電所、風力発電所、水力発電所と比べ、宇宙太陽光発電所は昼夜・気象・緯度などの自然要素による影響を受けない。しかも送電がスムーズで、過疎地・被災地・重要施設、もしくは移動する目標に給電できる。電力エネルギー構造と給電方法の改善に革新的な案を提供し、極めて高い社会効果を備えている。

中国は2008年より宇宙太陽光発電所の研究開発活動を、国家パイロットスタディ計画に盛り込んでいる。近年はフラット非集光型、二次対称集光型、多回転関節、球形エネルギー収集アレイなどの宇宙太陽光発電所プランを打ち出した。同時にワイヤレスのエネルギー伝送などの重要技術で、重要な進歩を実現した。中国は現在、宇宙太陽光発電所の研究で「追随」から「並走」への変化を初歩的に実現しており、宇宙太陽光発電所の発展を推進する世界の重要な力になっている。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年11月2日

世界をリードし、宇宙太陽光発電所の建設に向かう中国--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: